絹で遊んだらあきません|初代中村忠三郎

中村忠三郎商店.京町家本店

絹で遊ぶようなことをしたらあきません。

繭はお蚕さんが桑を食べて、こつこつこしらえるもんです。

粗末に扱うとばちがあたります。

絹は、綿や麻と同じく自然からいただくもんです。

昔から、米・味噌・醤油と同じように、人間の生活に必要なもんですから、絹で遊んだらあきません。

おもしろおかしいもん、ただ単に着飾るもんのために使うたらあきません。

ほんまにひとさまの役に立つもん、生活を豊かにするもんのために、大事に使わんとあきません。

きょうも、おきばりやす。

初代中村忠三郎