神輿は四人でかつぐもの|初代中村忠三郎

中村忠三郎商店

何をするにも、ひとりでやるというのは具合が悪い、恰好が悪い。

御神輿も四人で担いで、初めて一人前。

誰かひとりにしわ寄せがいくようでは、長くは続きません。

自分ひとりでなんでもかんでもやってしまう、もうけもみなひとりで取ってしまうんやのうて、他のひとにもほどよく手助けしてもらえるような、余裕がないとあきません。

うまくいったら、助けてもらった人ともほどよく分かち合うようにして、疲れたときには時々だれかに代わってもらったりしながら、うまいこと続くようにしなあきません。

何かを始めるときには、そのあたりも考えて始めんと。

きょうも、おきばりやす。

初代中村忠三郎