シルクの「6A」って何?格付けチェック?!絹糸屋が解説。

生糸格付方法
シルクの”6A”などの格付け方法について、絹糸屋の番頭(繊維製品品質管理士)が解説します。

おはようさん(養蚕)どす。京都西陣絹糸問屋・中忠商店のWEB番頭でございます。

さて、本日はシルクの「格付け」「品質基準」についてのお話しです。

シルクの品質比較として、インターネット上でよく目にするのが「6A」「5A」などの「格付け」表示ですが、その実態をご存じの方は少ないようです。

今回は、この「格付け」の基準となる検査方法とその意義(格付けの本来の目的)、「品質の良いシルクとは何か?」について京都西陣絹糸屋の番頭・TES(繊維製品品質管理士)が解説いたします。

「6A」などの表示・格付けは、そもそも何のために始まったの?

「6Aクラスのシルク生地のみを使用しています。」「6Aはトップメゾンしか使用しないランクです。」「6Aのシルク糸を使用した特別なマスクです。」など、シルクの生地や最終製品の優劣をつけるかのように、曖昧な理解で使用されている「格付け」ですが、本来は「生糸(きいと)の品質を適正に表示するための基準」のため、製品や生地、生糸以外の絹糸の評価に用いるのは間違いです。

かつて日本では、生糸は主力輸出産品のひとつでした。海外に輸出される際に、それぞれの産地や生産者が独自に「うちの生糸は良い糸ですよ」と勝手にランク表示(綾部特級、福知山1級品など)してしまうと、日本のA地域(仮)から輸入した優良ラベルの生糸と、B地域(仮)の普通ラベルの生糸がほどんど同じものだったというようなことが起こってしまいます。

それでは、価格に見合わない品質のものと価格以上の本当に良い品質もの(※)が不統一のラベル表示による玉石混交となってしまいます。結果として、輸出産品としての「日本の生糸」の信用力が落ち、輸出量の減少・国の信用力低下などの国家的ダメージにつながってしまいます。(※ここでの「良い(何を良いとするか)」の定義は後ほど記述します。)

そこで、現在の農林水産省にあたる政府組織は、輸出港周辺や養蚕地・製糸地を中心として、各地に「生糸の品質検査所」を設置し、あわせて「生糸の検査・格付け方法」を確定・規格化して(参照:「生糸の日本農林規格」)、表示ラベルの統一化を図ることにしました。

これが「生糸の格付け・等級表示」の始まりと目的で、現在は絹糸の主要産地である中国の検査所に同基準が準用・継承されています。

検査の対象は?「何」を評価(格付け)しているの?

前掲の通り、この検査・格付けは「生糸(きいと)」の日本農林規格(現在は中国で準用)になります。検査対象とする「生糸」については同規格に厳密に定義があり、「家蚕(カイコガ科の蚕をいう。)の繭を煮熟し、得られた繭糸を集束抱合わせて1本の糸条としたもので、加撚、精練等の加工を施していないものをいう。」とされています。(一般的な絹業界の定義もほぼ同じです。)

とういうことは、この定義による「生糸」以外の絹糸(家蚕でない野蚕系:ヤママユガ科などの蚕の糸全般や、絹紡糸・特絹糸・絹紬糸などの紡績系絹糸全般)、精練済み・加工済みの絹糸はもちろんのこと、製織・編立後の生地(サテン・ニットなど)や最終製品(パジャマや手袋など)、「生糸」になる前の原料としての繭(cocoon)などはすべて、そもそもこの検査・格付けとは無関係ということになります。

簡単に言えば「生糸」以外はこの検査・格付けの「対象外」ということで、「このパジャマに使用しているシルク生地は6Aです」「このマスクには6Aランクの繭からとれた絹糸を使用しています」などの表記は誤り(理解不足・記載不備)です。「格付け」はあくまで「生糸」の適正な品質表示のみにフォーカスしています。

どうやって検査・評価しているの?(等級はA~6Aまで)

さて、話が少し横道にそれましたが、「生糸(きいと)」の具体的な検査方法については同規格に厳密に制定されており、

・性状:色や光沢、手触りはどうか。
・形状:糸の不揃い、乱れ、虫食い、汚れなど外観はどうか。
・水分:糸の中にどのくらいの水分があるか。
・平均繊度:糸の太さが平均的かどうか。
・繊維偏差:糸が太くなったり細くなったりしていないか。
・繊度最大偏差:糸の太い細いの差が大きすぎないかどうか。
・節:糸の節がどのくらいあるか。
・再繰切断:糸を繰り直したときにどの程度切断するか。
・伸度:糸がどの程度伸びるか。

の各項目を規定の方法(詳細は「生糸の日本農林規格」を参照)で検査・測定します。

この検査・測定の結果、規定の点数に達したものの順(相対評価ではなく絶対評価)に「6A」「5A」「4A」「3A」「2A」「A」の6段階で格付けし、それぞれの表示が許可されます。この検査は「欠点を探して減点する検査」のため、欠点の少ない「6A」「5A」の生糸は全体の10%ぐらいしか認定されません。

これが、生糸の規格・検査・格付けのあらましになります。解説は以上です。

次項目以降は、絹糸屋WEB番頭・TES(繊維品質管理士)の余談となりますので、ご興味・お時間のがある方はご笑覧いただけますと幸いです。

「6A」の生糸は、本当に「良い」絹糸なのか??

では本当に、この格付け順に「良い生糸(きいと)」の順番となるのでしょうか?もう一歩踏み込んで言えば、何が「良い」生糸なのでしょうか?この検査で格付けが高いということは、どういうことを意味するのでしょうか?

この規格に基づく検査・格付けで「良い(評価値の高い)生糸」というのは、「糸に節やムラが少なく、適度な強度と伸度があり、形状が均質な加工のしやすい生糸」ということを意味します。製織・編立などの加工のしやすい生糸というのは、加工業者からの需要も高いため、おのずと価格が高くなります。

ただ、「品質が均一で需要(価格)が高い」ということ=本当に「良い糸」なのでしょうか?

京都西陣絹糸商の中忠商店では、「品質が均一で需要(価格)が高い糸」は、あくまで「良い糸(原材料)のひとつ」と考えています。糸ムラや節があり加工しにくい糸であっても、熟練の技術者にかかれば見事な織物・編み生地に仕上がることもありますし、その逆もあります。

また、そもそもこの検査の「対象外」となっている様々な絹糸にもそれぞれの個性・適性があり、「生糸」を絶対の優位品とした偏った立場には反対です。

おわりに

すべての絹(シルク)は平等です。値段の高低や優劣を競うものではなく、使用する目的(最終製品の使用目的)に合わせて適不適を判断して用いるべきものです。

お蚕さんからの自然の贈り物に、心からの感謝をこめて。

中村忠三郎商店.京町家本店