「洗えるシルク加工」についての考察。洗えるシルク問答 vol.2 絹糸屋が解説。

洗えるシルクにするための「加工」とは

おはようさん(養蚕)どす。京都西陣絹糸問屋・中忠商店のWEB番頭でございます。

さて、本日は通常のシルク製品を「洗えるシルク」「ウォッシャブルシルク」にするための加工方法について解説していきます。

※そもそも「洗えるシルク」って何?という方は、こちらの記事(「洗えるシルク」とは何か?)をご笑覧ください。

・「洗えるシルク」にするための加工ってどういうこと?
・どのような加工方法があるの?
・加工した前と後とで、シルクの質は変わらないの?

などのご質問にお答えしながら、京都西陣絹糸屋の番頭・TES(繊維製品品質管理士)が解説いたします。

洗えるシルクにするための「加工」って何?

物理的・化学的に変化させます

結論から申し上げますと、通常のシルクを「洗えるシルク=※商業的な意味での洗えるシルク」にするためには、シルク本来のプレーンな状態では実現が難しいため、何らかの物理的もしくは化学的な「加工」を施さなければなりません。

※商業的意味での「洗えるシルク」=「ご家庭での洗濯方法でも洗濯が可能で、洗濯前と洗濯後で外観・形状・風合いの変化の程度が少ないもの」。(前掲記事参照:「洗えるシルク」とは何か?

代表的な加工方法としては、

A、糸や生地、製品の段階でしっかり洗っておき、再度洗濯しても、それ以上縮んだり変化したりしないようにする(事前にしっかり洗っておく)。

B、繊維表面が絡まりあう原因となる毛羽を、糸や生地の段階で物理的・化学的に取り除く(水流もしくは薬品)。

C、糸や生地の段階で、樹脂などでコーティングする(表面を保護するとともに、毛羽立ちを予防してダメージが出ないようにする)。

D、生地や製品の表面をあらかじめ軽く傷つけておく(洗濯前後の外観が変わらないようにする)。

E、絹以外のもの(洗濯耐久性の強い素材)を混ぜて、ダメージ発生を予防・緩和する(※これは「加工」というより「製織・編立」の工夫とも言えます)。

などの方法があります。

A:事前にしっかり洗っておく加工

洗濯後に変化しないようにするためには、事前にしっかり洗濯しておく。
当たり前のようですが、有効な加工方法になります。

通常、シルク製品(繊維製品全般にほぼ共通)ができるまでの過程は、糸の染色・整理→織り・編み→生地の染色・整理→裁断縫製、のような流れになります。

この中の「染色・整理」の工程で一定程度の水洗は施されるのですが、「洗える」加工では、この水洗回数を増やす・強化することでより強度な水流洗濯を行ったのと同じ効果が得られます。

・メリット:洗濯後収縮率が良くなる=洗濯しても寸法が変化しにくくなる。
・デメリット:未加工のものと比較すると、風合いが固く、マットな生地感になる。

B:毛羽を取り除く・少なくする加工

糸の段階や生地の段階で、絹繊維表面の毛羽をできるだけ落としておく加工方法です。

具体的な加工方法としましては、水流・薬品などを使用して、繊維表面の毛羽を落とす・まとめるなどの加工になります。

洗濯中にシルクの毛羽同士が絡まりあうことで発生する、繊維同士の引っ張り合いによる型崩れや、絡まりあったまま固定化することでの寸法収縮などへの対策となります。

・メリット:洗濯中の生地損傷が回避できる。洗濯後の収縮率が改善する。
・デメリット:未加工のものと比較すると、糸や生地のふんわり感がなく、薄くて平たい生地感になる。

C:樹脂などでコーティングする加工

糸や生地の表面を、樹脂などでコーティングする加工方法で、現在はあまり使用されない加工方法です。

使用されなくなった事情としては、環境への配慮や肌に当たる部分が樹脂などの別成分(=シルクが肌に当たらない)になってしまうことなどから、メーカー・消費者の双方から敬遠されたことが背景になります。

繊維表面をコーティングすることで、摩擦に弱いシルク繊維を保護し、糸や生地の形状変化を防ぎます。

・メリット:繊維自体が強くなり、摩擦による生地損傷が回避できる。形状が安定する=洗濯しても縮んだり、伸びたりしにくくなる。
・デメリット:肌に直接あたる面が、シルクでなく樹脂などになる。コーティングに使用する素材によっては、繊維表面の吸湿性が低下する可能性がある。

D:表面をあらかじめ軽く傷つけておく加工

生地の表面を、あらじめ少し毛羽立たせたり、強めに水洗したりする加工方法です。

具体的な加工方法としては、デニムのダメージ加工のようなもので、ピーチ加工やサンドウォッシュ加工などがあります。

生地表面の繊維を軽く起毛させるような手法のため、シルクサテンのような光沢感のある生地へ加工した場合、若干光沢感が減少することになります。その代わり、生地のタッチが柔らかくなる、洗濯前と洗濯後で、生地の風合いが変化しにくくなる、などのメリットも生まれます。

・メリット:洗濯前と洗濯後での外観変化・風合い変化がすくなくなる。
・デメリット:未加工のものと比べると、外観の光沢感や均一性が減少する。

E:絹以外のものを混ぜてつくる

こちらは、シルクの糸や生地自体を加工するという内容でないのですが、製法的によく見られる工夫になります。

具体的な方法としては、ナイロン・ポリエステル・加工済みレーヨン・綿などシルク以外の洗濯耐久性の高い素材を、シルクよりも多く入れた生地を作り、「洗えるシルク」として商品化する方法になります。

例)
洗えるシルクのお布団(ポリエステル56%、再生繊維(リヨセル)34%、シルク10%)
洗えるシルクナイロンワッシャー(混用率非表示)
洗えるシルクトップス(シルク60%・レーヨン40%)

おわりに。

ここまで、「洗えるシルク」にするための加工・工夫について書いてまいりました。

ひとくちに「洗える」と表記されているものでも、それぞれ加工方法や製法上の工夫が異なります。どれがよくてどれが悪い、そもそも「洗える」必要があるかどうかなど、加工の是非については、その商品を買った人(購入者)がお決めになることです。

単に「洗える」という漠然とした言葉のイメージだけでなく、「洗える」の意味や「洗える」ようにするための加工背景まで知っていただいた上で、最良の選択をされることを願っております。

中村忠三郎商店.京町家本店
京都西陣|中村忠三郎商店|京町家本店