洗えるシルク・ウォッシャブルシルクとは何か? 「洗えるシルク」問答。絹糸屋が解説。

洗えるシルク,ウォッシャブルシルク,洗えるシルクとは,基準
「洗えるシルク」について、絹糸屋番頭・繊維製品品質管理士(TES)が解説いたします。

おはようさん(養蚕)どす。京都西陣絹糸問屋・中忠商店のWEB番頭でございます。

さて、本日は「洗えるシルク」「ウォッシャブルシルク」についてのお話しです。

「洗えるシルクの生地はありませんか?」「洗えるシルクってそもそもどういう意味ですか?」など、シルクの「洗える」問題について、お客様(個人・法人を問わず)から多数のお問い合わせを頂いております。

今回は、この「洗えるシルク」問題について、

・そもそも「洗える」ってどういうこと?
・「洗えない」シルクってあるの?
・「洗えるシルク」の基準はあるの?

などのご質問にお答えしながら、京都西陣絹糸屋の番頭・TES(繊維製品品質管理士)が解説いたします。

そもそも「洗える」ってどういうこと?シルクは洗えないの?

洗えるシルク,ウォッシャブルシルク,洗えるシルクとは
シルクは「洗える」のか、「洗えない」のか。

結論から申し上げますと、物理的・厳密な意味においては、すべてのシルクが「洗えるシルク=洗濯自体は物理的に可能なシルク」です。

但し、商業的・商品付加価値PR的な意味で定義しますと、「洗えるシルク(ウォッシャブルシルク)」とは、「ご家庭での洗濯方法でも洗濯が可能で、洗濯前と洗濯後で外観・形状・風合いの変化の程度が少ないもの」になります。

以下、解説してまいります。

「洗える=ウォッシャブル」について、一般的な定義(コトバンクより引用)では、「(washable) 洗濯が可能であること。洗えること。また、そのような衣類。」となっております。

その意味では、すべてのシルクは「洗えます」。すべてのシルクは「洗えるシルク=洗濯可能なシルク」です。洗濯できないシルクはありません。

このように書くと元も子もないのですが、物理的・一般定義的な意味に照らして、「洗えない=洗濯できない」シルクはありません。断言します。

水につけた瞬間バラバラになるとか、水流で分解・分散してしまうとか、水をはじいて汚れが落とせないとか、二度と着られない状態になってしまうとか、、、そのようなシルク衣料は、見たことがありません。

では、なぜ「洗えるシルク(ウォッシャブルシルク)」という名称をあえて使用するシルク生地・シルク衣料品があるのでしょうか?

「洗えるシルク」と商業的に表示されているものをリサーチしてみますと、

・ご家庭での洗濯が可能。
・洗濯しても、縮みが少ない。
・洗濯しても、色落ち・変色が少ない。
・洗濯前と洗濯後で、生地の風合い変化が少ない。

これらの条件を満たすものを「洗えるシルク」としているものが多く、簡単に言い換えますと、

・ご家庭で洗えるもの。
・洗っても、洗濯前と大きく変わらないもの。

という表現に集約されます。

根底には「シルクはご家庭では洗えないもの」というイメージがあるようですね。。。

「洗える」を考えるために、「洗えない」を考える。

洗えるシルク,ウォッシャブルシルク,基準
「洗える」「洗えない」を考えてみます。

突然ですが、「洗濯機で洗える綿Tシャツ!」「ご家庭でも洗濯可能なコットンパジャマ!」という商品を見たら、どう思われますか?

「え、、、普通は洗えるでしょう??」「あえて書く必要はあるの??」となる方が大半ではないでしょうか?

そうです。もうお分かりかと思いますが、「洗える」という文言をあえて書く・訴求するということは、もともと「洗えない」イメージが通念として定着している場合にのみ、プラスに作用します。

前述の通り、「物理的に洗えないシルク」は存在しないのですが、シルクがもともと「洗えない=厳密にいえば、ご家庭では洗えない(家庭洗濯不可)」イメージを持たれているのは事実です。

そのネガティブイメージに対して、「ご家庭でも洗えますよ!」とプラスイメージを訴求するのが、あえての「洗えるシルク」表示であると考えます。

では、なぜシルクには「ご家庭では洗えない」イメージがあるのでしょうか?

それは、

・そもそもシルクがご家庭で洗うものではなかった文化的背景(いわゆる着物文化:着物の場合は、専業の洗い張り業者で洗濯してもらうもので、ご家庭での洗濯が極めて困難な衣料品のため)。

・輸入品のシルクスカーフやセーター、カーディガンなどが国内基準とは異なり、洗濯によって縮んだり色落ちしたりした数々の過去の経験。

・国内品でもシルクのスカーフ・セーターなどが「ドライクリーニングオンリー(ケアレベルが高いためにご家庭での洗濯を回避してほしい意向)」の表示で埋め尽くされていること。

・家庭洗濯の技術が現在ほど高度化していなかったこと(中性洗剤の一般的普及や、洗濯機の機能の劇的な向上以前の一般常識・通念)。

などに由来するのではないかと考えます。

ここで言う「洗えない=ご家庭では洗えない」を分解してみますと、

1、洗ったら、縮む・型崩れする。
2、洗ったら、色が落ちる・色が変わる。
3、洗ったら、生地が傷む・毛羽立つ。
4、洗ったら、風合いが変わる・固くなる。

の各要素で構成されており、これが「洗えない」イメージの原因となっています。

これらの「洗えない」要素を緩和・克服するのが「洗えるシルク」の特長になります。

「洗えるシルク」の統一基準はありません。ただし、、、

ここまでの内容で、商業的・商品付加価値的な意味での「洗えるシルク」について、おおよそご理解いただけたかと存じます。

・ご家庭での洗濯が可能。
・洗濯しても、縮みが少ない。
・洗濯しても、色落ち・変色が少ない。
・洗濯前と洗濯後で、生地の風合い変化が少ない。

それでは、そこに「統一基準」はあるのでしょうか?

残念ながら、私の知る限り(※)シルク業界に統一の基準はありません。認証マークのようなものもありません。断言します。(※「統一」基準がありますよ!という方、是非ご一報・ご教授ください!)


それぞれのメーカーが独自の基準や考え方に基づき、メーカー自身の責任において「洗えるシルク」表示を行っているのが現状です。

ただし、「洗えるシルク」を訴求するためには、洗濯表示・ケア表示に基づく洗濯試験の実施データが必要で、試験データもなく無根拠で「洗える」と訴求している商品はないと信じております。

あえて結果を表示することはなくとも、各メーカーで根拠となる試験データ(バックデータ)と社内基準は備えておられるはずですので、どうしても該当商品の「洗える」根拠が知りたい方は、お問い合わせされることをおすすめいたします。

ちなみに、衣料品以外の分野に目を転じてみますと、インテリア(カーテンなど)の分野では、業界団体が設定した「ウォッシャブル」の基準・認定制度・認定マークが明確にあるようです。(東リオンライン「よくある質問→ウォッシャブルって何?」)。

ひとまずの結びに。現在のシルク(※)はご家庭でも洗えます!

ここまで、シルクの洗える・洗えない問題について考えてきましたが、現在のシルク製品(※=無理のない工業的生産方法で、新たに生産されたものと定義します。)は、下記のような洗濯方法であれば、ご家庭でも洗えます。

・水もしくは40度以下のぬるま湯使用(高温のお湯などの場合、たんぱく質が熱変質します)

・手洗い、優しく押し洗い(洗濯機での攪拌、濡れた状態での衣類同士の摩擦は生地を傷めます)

・中性洗剤使用(アルカリ性洗剤は動物性たんぱく質を分解します)

・塩素系漂白剤禁止(強アルカリ性の漂白剤は動物性たんぱく質を分解します)

・タンブル乾燥禁止(攪拌・摩擦・熱風などの要素が、繊維や生地を傷つけます)

・陰干しで自然乾燥(直射日光は動物性繊維の脆化と紫外線による変色を促進します)

・形を整えて干す(洗濯で変形したまま乾燥すると、その形が固定化されます)

絹糸屋の結論、ひとまずの結びに。
シルクはご家庭で洗えます。ご自身のお肌と同じようにケアしていただき、末永くご愛用くださいませ。